オフィス賃貸物件を大阪で探すときに注意することを教えます

大阪にオフィスを構えるうえで重要になってくるのが事務所選びです。業種によって希望する内容が変わってくるため条件が違ってきますが、不動産に問い合わせする前に最寄駅を第3候補まで絞っておきます。そうすることで、問い合わせがスムーズになります。次に数社の不動産会社に問い合わせをします。問い合わせメールを送る際に気を付けたい事が、オフィス賃貸を取り扱っている会社にすることです。事務所用と居住用では契約内容が異なる為、もし不動産会社が見つけてくれたとしても、取り扱っていない不動産では契約時に不備が無いか心配になります。必ずオフィス賃貸取扱店をインターネットで探しましょう。そして紹介された物件の現地調査を行います。まず、周辺環境です。事務所に外部からの出入りがある業種や、お客様が来る必要がある会社の場合は近くに風俗店が無いか等、足を運びにくくなるような環境は避けなければなりません。

オフィス賃貸の現地視察で重要なこと

大阪でオフィス賃貸を借りる時に重要な現地視察は入念に行います。居住用で設備に違いがあったとしても、少し住みにくい程度で終わるかもしれませんが、オフィス賃貸で必要な設備が無いと重大なミスとなり仕事にならないかもしれません。そこでパソコンを多く扱う会社の場合、必ず確認したい項目はOAフロアになっているかどうかです。事務所内が配線だらけにならない様に床下に配線を収納できる構造になっていないと危険です。次に電源プラグと配線です。レイアウトを考えた時に電源プラグが少なかったり配線自体が通ってない場合は自分達で配線をひかなければならないことになる場合があります。ブレーカーの共有状況やアンペアに制限がかかるなど、自社の業務内容に適した電気配線状態であるか確認する必要があります。

オフィス賃貸を借りる場合の周共用部分の確認

大阪で希望通りのオフィス賃貸を探したい場合は、インターネットでの検索が早いです。問い合わせメールを利用すれば素早い回答が得られるでしょう。しかし、内見前には必ず確認する内容の準備を行ってください。そうしなければ、現地で確認漏れが起こります。確認する項目はオフィスの設備だけではなく、エレベーターやエントランス等の共有部もしっかり見ておきます。清潔さが保たれていないビルは管理状況が良くありません。古くても清潔感があり掃除の行き届いたビルにしましょう。また、ゴミ集積場の確認も外せません。これは居住用の賃貸でも同様ですが、ゴミ集積場があれているとそこを利用する人のマナーが守られていないことになります。管理状況も悪く、決しておすすめできる物件ではありません。事業用ごみは家庭用のごみとは扱いが変わってきます。その分別方法や出し方も抑えておきましょう。